一級ボイラー技士試験について

一級ボイラー技士は、3種類あるボイラー技士のうち、真ん中の階級に位置します。取り扱いができるボイラーの伝熱面積は25㎡以上、500㎡未満で、中規模のボイラーの取り扱いに適しています。主な活躍の場としては工場や事務所、病院などがあり、エネルギー源としてのボイラーを使う多くの施設で求められています。
二級ボイラー技士免許を受けた者
60%前後です。
10:00~12:00、13:30~15:30
6,800円
ボイラーの構造に関する知識 - 10問(100点)
ボイラーの取扱いに関する知識 - 10問(100点)
燃料及び燃焼に関する知識 - 10問(100点)
関係法令 - 10問(100点)