保育士試験について

保育士は、「子どもの保育」と「保護者に対して保育に関する指導」を行うことができる国家資格です。保育士の仕事として最も一般的なのは、就労や療養などの事情で保育を行えない保護者に代わり、保育施設(いわゆる保育園)で、0才から6才(就学前)までの乳幼児の保育を行うことです。
学歴により条件が異なります。
詳しくは下記を参照下さい。
https://www.hoyokyo.or.jp/exam/qualify/index.html
合格率は10~20%といわれています。 厚生労働省のデータによると、平成25年度試験の合格率は17.4%、平成26年度試験では19.3%、平成27年度試験では 22.8%となっています。 合格率が低い理由は、合格ラインが「9科目全て」を6割以上得点する必要があるためです。
保育原理、児童家庭福祉、社会福祉は各1時間
教育原理は30分
※平成31年時点
試験日程は前期(4月)と後期(10月)の年2回
12,950円
(受験手数料12,700円+受験申請の手引き郵送料250円)
保育原理
児童家庭福祉
社会福祉
教育原理