ITパスポート(IP)試験について

ITパスポートは、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。
誰でも受験可。
合格率は40%〜50%前後です。

60%以上の正解率で合格できます。

ITパスポート試験は1000点満点で行われます。

合格するためには
総合得点が600点以上
各分野別得点がそれぞれ30%以上
この2つの条件を満たしていることが必要とされています。
会場により異なりますが、3つの時間帯(午前・午後・夕方)で実施しており、試験時間は120分です。
全国の試験会場で、CBT(Computer Based Testing)方式により随時実施しています。
5,700円(税込)
ストラテジ系(経営全般):35問程度
マネジメント系(IT管理):20問程度
テクノロジ系(IT技術):45問程度